健康法

病気、症状の意味を深く考える

こんにちわ\(^o^)/

滋賀大津気功ヒーリングの眞壁です。

4月は、ヒマラヤ大聖者のヨグマタジが神戸と岡山にダルシャンツアーでお越しくださっていましたので、お会いしに行って来ました♪♪♪

ヨグマタジの愛に満ち溢れたブレッシングを沢山頂き、私の中でいっぱい浄化が起こりました。

神戸のダルシャンツアーの際は、また涙が頬を伝っていきました。

さて、今回は、病気、症状の意味を深く考える事についてお伝えさせて頂きたいと思います。

もしあなたが様々な不快症状や病気で悩んでいるなら、何が原因だろう?と考える事と思います。

ここでヒーリングの名著「光の手」から「病気、症状の意味を深く考える」ことをテーマにして書いてある内容を転載させて頂きたいと思います。

 

ここから

↓↓↓

『病気の意味を深く考えることは、とても重要である。

この病気は、自分にとって何を意味しているのか?

この病気から学ぶべきは何なのか?と、問いただす必要がある。

病気とは、肉体からあなたに与えられたメッセージといえるのだ。

「ちょっと待って、何かが間違っている。

あなたは、自分の内側の声に耳を傾けていない。

非常に重要な何かを見落としている。

それは、何なのか?」

心理的なものであれ、感情的なものであれ、意識していない認識レベルあるいは単に生活の変化によるものであれ、病気の原因はこのようにして探られるべきである。

健康を取り戻すのは医者から処方された薬を服むことよりも、当事者自身の努力と変化にかかっている。

個人の変化なしにはいずれ別の問題を引き起こし、最初に病気を引き起こした原因に再びつれ戻されてしまうのだ。

原因こそすべての鍵である。

そして、その原因を修正するには生活の変化が必要となる。

最終的には、その人の存在の核に密接に結びついている個人的生活の変化が必要になってくる。

それは、高自我(ハイヤーセルフ)とか内なる神性の輝きと呼ばれる私たち自身の深いところにある意識に、私たちを導いていくことでもあるのだ。』

 

『もっとも単純な導き手の一つは、毎日そして一日に何度も訪れる不快感という形でやって来る。

この導き手に注意してそれに従いさえすれば、ほとんど病気になどかからなくなるとヘヨアンは言う。

不快感に注意していれば、バランスを取り戻し健康を回復すると。

不快感は肉体的不快感や痛みの場合もあれば、感情的、心理的、精神的レベルのときもある。

それは、あなたの人生のどこにでも現れる。

ヘヨアンは尋ねる。

「あなたの肉体や生活のどこに不快感があるのか?

どのくらいの期間続いているのか?

それはあなたに何を伝えようとしているのか?

それに対してあなたは何をしてきたのか?」

これらの質問に正直に答えていけば、自分自身を健康で幸福で賢明に保つはずの最大のチャンスをどれほど無視してきたかに気づくはずだ。

肉体や生活上で感じる不快感は、すべて本当の自分と波長があっていないことをあなたに直接伝えているメッセージである。

この単純なレベルの導きに従うとは、疲れたときには休み、空腹な時には食べ、肉体が必要としているものを食べさせるということである。

自分を大切にし、自分を困らせている生活環境を変えるという意味である。

これらのことができるように、どれほどうまく生活を組み立てているだろか?

それはそう簡単ではないはずだ。

不快感という形でやってくる内なるメッセージに耳を傾け、あなたの個人的な肉体の要求により注意深くなれたとき、バランスのとれた濁りのない状態になる。

そして健康へとあなたを戻していく。』

↑↑↑

ここまで。

 

いかがだったでしょうか?

色々考えさせられますよね~。

私は、20歳で結婚し、23歳で別居、25歳の時に離婚を経験し、「幸せ」とは一体何か?という事を探求し、真理を求めてまいりました。

そして治療家の道を志した時から病気の根本原因は何か?病気を根本から良くするにはどうすればよいのか?という事を探求し、真理を求めてまいりました。

私自身、まだまだ未熟ですが、現時点で分かっている事は、「光の手」で書いて下さっているように病気の真の原因に気付き、原因から変えていく事がとても大切だという事です。

例えば、臭い匂いがあるとします。

臭い匂いを消すためにいい匂いの香水をふりかけても臭い匂いといい匂いが交じるだけで臭い匂いを根本から変える事は出来ません。

臭い匂いを断つことが根本から匂いを良くするという事です。

病気や症状に関しても同じ事が言えます。

真に健康になるには、きちんと病気、症状の意味を深く考え、体からのメッセージと向き合い、根本の原因に気付き、バランスの乱れを取り戻していく事がとても大切です。

様々な病気や症状の真の原因とは何でしょうか?

上高地

一番多いのが、自分との関係や様々な人間関係によって心のバランスを乱していることです。

その次に多いのが、仕事関係(プレッシャー、いやいや仕事をしているなど)です。

他には、外食やアルコールなどの食生活、ケガによる外傷、電磁波の影響、ウイルス感染などがあります。

大まかに分けると、人間関係や仕事関係などで心のバランスが乱れてきたことよって、自然治癒力が低下して様々な不調が引き起こされる事が症状や病気の原因の8割くらいだと今までの私の経験上では思っています。

あとは、ケガによる外傷や環境などによる外的要因が2割くらいだと思います。

そして、症状や病気が現れてきて、

「ちょっと待って、何かが間違っている。

あなたは、自分の内側の声に耳を傾けていない。

非常に重要な何かを見落としている。

それは、何なのか?」

とメッセージを送ってくれている訳ですね。

私が健康を害した事例

私は、35歳の終わり頃にある感染症にかかってしまって肺の病気になってしまった経験があります。

なぜ病気になってしまったのか?を私の場合は、瞑想をしながら内観したりして、病気の真の原因を探っていきます。

病院での検査では、「◯◯菌の感染によって病気になってしまっていますので、抗生物質を飲んだら病気は治りますよ。」との事でした。

そして、お陰様でお薬によって病気は、治りました。

が、なぜ私は、感染をしてしまったのか?

元々、肺が元気よく動いてくれていたら、感染症にはなっていなかったはずです。

という訳で、瞑想しながら内観し、自分の内なる声に耳を傾けます。

まずは、今回の感染症を引き起こすきっかけとなった肺のパワーを落としてしまった時期はいつから?

と自分の内なる声に耳を傾けます。

すると、23歳!と内なる声が教えてくれます。

そうです。

私は、23歳のときに別居をして、「悲しみ」「孤独」「絶望」「自己不振」「怒り」などの感情を感じる日々を過ごしていました。

私は、別居をした際に心のバランスを大きく乱してしまい、「悲しみ」「孤独」「絶望」「自己不振」「怒り」などの感情を肺に知らず知らずの内にため込んでしまっていたようです。

そして、25歳のときに離婚をしたのですが、私の内なる声に耳を傾けると、26歳のときにも肺のパワーを大きく落としてしまっていたようです。

その当時は、私の心は荒んでいて、自暴自棄になっていました。。。

そして、35歳の時、私は、離婚したことなどで自分ではそれほど気づいていなかったのですが、「劣等感」を心の奥底では感じていたため沢山仕事をして、多くの人から認められたいと思っていたようです。

更にはお金を沢山稼ぐことで「幸せ」を得ようとしたり、社会的地位を築いていく事で人から一目置かれて無意識に「劣等感」を解消しようとしていたようです。

当時、私は一生懸命働く事で沢山のお金を得ることが出来ました。

しかし、一生懸命を通り過ぎ、精神的にも肉体的にも無理をしてしまい、内なる声に耳を傾けなかった為に心のバランスを乱し、肺の免疫力が低下し、感染症という病気を発症してしまいました。

そして、とても沢山の学びを経験させていただきました。

この経験によって人から認めらる事やお金を必要以上に無理して沢山得る事など外側に幸せを求めても真の幸せを得ることが出来ないという事も学びました。

症状や病気を経験した時にどのように受け止めるか?

スイスの風景

様々な症状や病気を経験した時、人は2つのタイプに別れます。

「なぜ自分はこのような症状や病気を経験しなければいけないのか?」と悲観的になるタイプ。

そしてもう一つのタイプは、

「この症状や病気は自分に何を気づかせようとしているのか?何を学ばせようとしているのか?」と肯定的に受け止めるタイプ。

症状や病気を根本から良くしてくには、症状や病気を学びの機会と思って受け取り、肯定的に受け止められるようになる事が大切です。

なかなか難しいですよね~

私の場合は、離婚や肺の感染症の病気を経験した事により、辛い事を経験している人の気持ちを理解し寄り添えるようになりましたし、病気の真の原因を見極めていくことの重要性を再認識させていただき、治療家としての深みを増すことが出来たと肯定的に受けとめております\(^o^)/

症状や病気を根本から良くするには?

症状や病気を根本から良くする為にとても大切な事があります。

それは、未浄化の感情を浄化していく事です。

例えば、私の場合、23歳のときの別居という記憶に「悲しみ」「孤独」「絶望」「自己不振」「怒り」などの感情がこびりついたままになり、肺に溜まってしまっていた訳です。

この「悲しみ」「孤独」「絶望」「自己不振」「怒り」などの未浄化の感情は、心に濁りを作り、純粋性を無くしていきます。

更には、肺を重くし、エネルギーのよどみを作ります。

結果として、血液やリンパ液の流れが悪くなり、免疫力を低下させてしまって、感染症を引き起こしやすい土台を作ってしまいます。

本当の意味で健康にしていくには、様々な記憶にこびりついたままになっている未浄化のネガティブな感情を浄化していく事がとっても大切です。

今までに沢山の患者さんの病気の真の原因を私の分かる範囲でみさせていただきましたが、殆どの場合、様々な記憶にこびりついたままになっている未浄化のネガティブな感情が大きく関係していました。

真の健康を取り戻すには、未浄化のネガティブな感情を浄化する事がとってもとってもと~っても大切だと私は思っております!!!

そして、心が空っぽになってきた時、内側から真の幸せを感じる事が出来ると思います。

私自身、瞑想をしながら未浄化のネガティブな感情を一つ一つ浄化していくとっても幸せな旅の最中です♪♪♪

これからもヨグマタジの元で修行をさせて頂きながらますます純粋な自分に還って行きたいと思います。

そして、当院にご来院下さっている沢山の患者さんにも純粋になって健康になって真の幸せを感じて頂けるお手伝いをさせて頂きたいと思います\(^o^)/

あなたの真の健康、真の幸せを心より願っております☆☆☆

関連記事

  1. どうすれば本当の幸せを得て、心身の健康を得ることが出来るのか?そ…
  2. 自分で気の流れを良くする方法
  3. 占い、人生相談を仕事にする友人と飲みに行ってきました♪
  4. 健康寿命を考えよう!
  5. 真理の探求
  6. 気、エネルギーとは一体何なのか?
  7. 様々な不調の原因
  8. 症状、病気の第一の原因は何か?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

  1. ババジのクリヤーヨーガの2段階目のイニシエーションセミナー
  2. チャクラと心身の不調 その1(チャクラの働き、位置、名称編)
  3. 病気、症状の意味を深く考える

治療について

治療症例

内臓と健康

おすすめ記事

ババジのクリヤーヨーガの2段階目のイニシエーションセミナー

こんにちわ\(^o^)/滋賀大津気功ヒーリングの眞壁です。関西では、7月6日、7日、…

日記

人間関係と健康

食べ物と健康

健康法

PAGE TOP