治療について

治療法がもみほぐしからエネルギー療法に変化してきた理由1

makabe10

こんにちわ\(^o^)/

滋賀大津カイロプラクティックの眞壁です。

患者さんと一緒に写っている写真は、4,5年程前の懐かしい写真です♪

今日は29日で肉の日らしいのでお肉が安いらしいです!(中村先生談)

今回は、私の治療法がもみほぐしからエネルギー療法(気の治療、エネルギーヒーリング)に変化してきた理由を紹介したいと思います。

私は、もともと大阪のカイロプラクティックの学校に行き背骨の歪み、マニュピレーション(もみほぐし)、骨の矯正(アジャスト)などを学びました。

カイロプラクティックの学校を卒業する頃に「やはり現場で実践を積まなければ上達はしないな・・・」と考えてカイロプラクティック院と中国整体を主とした整体院でかけもちでアルバイトをするようになりました。

そこでカイロプラクティックの先生の治療や中国整体の先生の治療によって患者さんの症状がどれくらい良くなるか勉強させてもらいました。

私自身も患者さんにもみほぐしなどをして経験を積ませてもらいました。

もみほぐしや矯正などをするとその場では患者さんが「楽になった」「すっきりした」と喜んで帰るのですが、慢性症状の患者さんは、2,3日~1週間もすれば症状がまた戻り体質自体はあまり変化していないことに気づきました。

10年以上経験を積んでいて骨の矯正が上手なカイロプラクティックの先生がもみほぐしをした後に骨を矯正(アジャストメント)しても慢性症状の患者さんは、2,3日~1週間もすれば症状がまたぶり返していました。

その時、「なぜもみほぐしたり骨を矯正しても症状はすぐにぶり返すのか?」ずっと答えを探していました。

それと同時に筋肉を揉みほぐしたり骨を矯正する治療では根本から改善することはないと思うようになりました。

現在では、その時より色んな事が分かるようになり、筋肉をもみほぐしても骨を矯正するにしても治療を行う先生の意識レベルや波動の状態によってどんな方法でも良くなることは分かりました。

技術やテクニックではなく治療家のハート、波動、意識レベルの方が何倍も大切だということが分かりました。

話を戻しますが、「なぜもみほぐしたり、骨を矯正しても症状はすぐにぶり返すのか?」という答えは、神経にあることが分かりました。

例えば、筋肉を支配している運動神経、知覚神経、自律神経などです。

この運動神経、知覚神経、自律神経の状態に変化を起こすことで、もみほぐしたり、骨を矯正したりするより、もっと治療の効果が出やすくなるのでは?

と考えるようになりました。

そして、私は運動神経、知覚神経、自律神経の状態に変化を起こすことが出来る治療法を探し求めたのでした!!

続く・・・

関連記事

  1. 手術 西洋医学と東洋医学
  2. 森林とハート どうすれば不安、恐れから解放されるのか?
  3. %e5%af%8c%e5%a3%ab%e5%b1%b1 カルマとは何か?カルマと健康
  4. %e7%9c%9e%e5%a3%81%e3%80%80%e3%83%a1%e3%82%ac%e3%83%8d 最近、考えている事
  5. %e7%97%85%e6%b0%97%e3%81%ab%e8%8b%a6%e3%81%97%e3%82%80%e4%ba%ba 輪廻転生と病気と苦しみ
  6. 自然 潜在能力の開花
  7. 海辺 外的要因と内的要因
  8. ERT修了証 修了証書を頂きました!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

  1. ウイルス、細菌と様々な心身の不調は関係しているのか? 四葉のクローバー
  2. 不安症でお悩みの患者さんから体験談を頂きました! 三世代家族2
  3. どうすれば不安、恐れから解放されるのか? 森林とハート

治療について

  1. 森林とハート
  2. 双葉
  3. お薬

治療症例

  1. 四葉のクローバー
  2. 三世代家族2
  3. 心臓 環状動脈、静脈

内臓と健康

  1. 桜と青空
  2. 新緑2
  3. 心臓 環状動脈、静脈

おすすめ記事

四葉のクローバー ウイルス、細菌と様々な心身の不調は関係しているのか?

こんにちわ\(^o^)/滋賀大津気功ヒーリングの眞壁です。心身の不調は、心のバランス…

日記

  1. 森林とハート
  2. ERT修了証
  3. 新緑2

人間関係と健康

  1. お薬
  2. 選択
  3. 桜と青空

食べ物と健康

  1. 四葉のクローバー
  2. 三世代家族2
  3. 森林とハート

健康法

  1. 森林とハート
  2. 双葉
  3. ワークライフバランス
PAGE TOP