治療症例

乳製品と消化器官の異常(ある患者さんの症例)

こんにちわ\(^o^)/

滋賀大津カイロプラクティックの眞壁です。

まだ寒い日もありますが、段々暖かくなってきて季節の変わり目を感じますね!

今日は、治療の症例をお伝えしたいと思います。

今回の患者さんは、毎日朝に起きてから下痢でトイレに何回もこもる事が悩みで当院に来院されました。

病院で整腸剤をもらってしばらく飲んでみたものの下痢は一向に良くならなかったそうです。

さっそく身体の状態を調べますと、明らかに消化器官(胃、小腸、大腸など)に異常を感じました。

消化器官に異常がある患者さんの場合、ほとんどが食物アレルギー、食べ物に対しての異常反応などがあります。

今回の患者さんの場合、あきらかに乳製品の異常反応を感じました。

話をお聞きしますと、毎日かかさずヨーグルトを食べているそうです。

ヨーグルトは、腸内環境を整えてくれるという事で多くの方が食べている事と思います。

そして、事実ヨーグルトは身体に良い作用をもたらしてくれます。

しかし、全ての人に当てはまる訳ではありません!!

それよりも大事なのは、その人その人の体質であって、乳製品がその人の体質にあっているかどうか?です。

今回の患者さんには、ヨーグルトを食べる事を一旦やめてもらって様子を見てもらう事にしました。

すると、次の日から下痢はピタッと止まったそうです。

また、乳製品の異常反応が無くなるように調整を行いましたので、段々と体質が変わってくると、おそらくヨーグルトを食べても下痢が起こらなくなっていくと思います。

大切な事は、身体に良いと言われている食品が全ての人に当てはまる訳ではなく、その人その人の体質にその食品は合っているかどうか?です。

合っているかどうか?は、見分けるのは難しい時もあるかもしれませんが、自分の感性を研ぎ澄ましてみると段々分かるようになります。

例えば、いつも牛肉を食べた後にお腹がもたれる気がするなあ、、、などと感じる場合は、牛肉が体質に合っていない可能性があります。

現代人は、テレビやインターネットなどの普及、科学の進歩により便利になりましたが、もともと持っている感性が鈍ってきているように感じます。

時には自然に触れたり、瞑想をして自分の感性を高めると良いと思いますよ~\(^o^)/

 

関連記事

  1. 不安症でお悩みの患者さんから体験談を頂きました!
  2. ウイルス、細菌と様々な心身の不調は関係しているのか?
  3. 子宮筋腫、子宮内膜症、生理痛、生理不順、生理前症候群(PMS)に…
  4. 症状は治すために出ている!!(肩の可動域が狭くなる理由)
  5. アトピー性皮膚炎の身体的特徴は?原因は、ヘルペスウイルス?
  6. 5分も歩けない腰痛、食後にお腹が重苦しくなる、腕のシビレなどの様…
  7. 突発性難聴はステロイド以外の方法で聴力は回復するのか?
  8. 重力バランス軸の問題によって起こされる身体の様々なトラブルとは?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

  1. ババジのクリヤーヨーガの2段階目のイニシエーションセミナー
  2. チャクラと心身の不調 その1(チャクラの働き、位置、名称編)
  3. 病気、症状の意味を深く考える

治療について

治療症例

内臓と健康

おすすめ記事

ババジのクリヤーヨーガの2段階目のイニシエーションセミナー

こんにちわ\(^o^)/滋賀大津気功ヒーリングの眞壁です。関西では、7月6日、7日、…

日記

人間関係と健康

食べ物と健康

健康法

PAGE TOP